パーシモンシステム
LLL/Ajax
LLL/.net
LLL/.net Ver4.30 (For VisualStudio 2010, VisualStudio 2012, VisualStudio 2013)
日本語版
オペレーティング
システム
Microsoft社製の下記OS
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8(WindowsRTは対象外)
  • Windows 8.1(WindowsRTは対象外)
  • Windows Server 2003(R2含む)
  • Windows Server 2008(R2含む, ServerCoreは対象外)
  • Windows Server 2012(R2含む, ServerCoreは対象外)
必須ソフトウェア VisualStudio 2010、VisualStudio2012、またはVisualStudio 2013
いづれもProfessional以上のエディション
ハードウェア
  • 上記日本語オペレーティングシステムおよび必須ソフトウェアが快適に動作する環境
  • 解像度1024×768ドット以上/256 色以上の表示が可能なディスプレイ(ハイカラー表示可能なディスプレイ装置推奨)
  • ISO9660形式のCD-ROMを読み取ることが可能な光学ドライブ
  • インストール先ハードディスクに30MB以上の空き容量が必要
対応言語 Visual Basic.NET、Visual C#
対応データベース SQL Server7.0以降(最新のSP)、 Oracle9i以降、Jet4.0

LLL/.net Ver2.50 (For VisualStudio 2005,VisualStudio 2008)
日本語版
オペレーティング
システム
Microsoft社製の下記OS
  • Windows 2000
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2003(R2含む)
  • Windows Server 2008(R2含む, ServerCoreは対象外)
必須ソフトウェア VisualStudio 2005、またはVisualStudio 2008
いづれもProfessional以上のエディション
ハードウェア
  • 上記日本語オペレーティングシステムおよび必須ソフトウェアが快適に動作する環境
  • 解像度1024×768ドット以上/256 色以上の表示が可能なディスプレイ(ハイカラー表示可能なディスプレイ装置推奨)
  • ISO9660形式のCD-ROMを読み取ることが可能な光学ドライブ
  • インストール先ハードディスクに30MB以上の空き容量が必要
対応言語 Visual Basic.NET、Visual C#
対応データベース SQL Server7.0以降(最新のSP)、 Oracle9i以降、Jet4.0

LLL/.net Ver1.72 (For VisualStudio.NET 2003)
日本語版
オペレーティング
システム
Microsoft社製の下記OS
  • Windows 2000
  • Windows XP
  • Windows Server 2003
必須ソフトウェア VisualStudio.NET 2003
Professional以上のエディション
ハードウェア
  • 上記日本語オペレーティングシステムおよび必須ソフトウェアが快適に動作する環境
  • 解像度1024×768ドット以上/256 色以上の表示が可能なディスプレイ(ハイカラー表示可能なディスプレイ装置推奨)
  • ISO9660形式のCD-ROMを読み取ることが可能な光学ドライブ
  • インストール先ハードディスクに30MB以上の空き容量が必要
対応言語 Visual Basic.NET、Visual C#
対応データベース SQL Server7.0以降(最新のSP)、 Oracle9i以降、Jet4.0

本製品はCD-ROM版のみとなります。フロッピーディスクでの提供は行っておりません。
必要メモリ容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますので、ご注意ください。
本製品には、日本語オペレーションシステム、VisualStudio、SQL Server、Oracleは含まれておりません。
お使いのシステムの環境、およびご利用方法によっては、記載以外の制限が発生する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
LLL/.net Ver 4.xxはVisualStudio2010およびVisualStudio2012(.NET Framework4, 4.5)を、
LLL/.net Ver 2.xxはVisualStudio2005およびVisualStudio2008(.NET Framework2.0, 3.0, 3.5)を、
LLL/.net Ver 1.xxはVisualStudio.net2003(.NET Framework1.1)を対象とした製品です。
ご利用になる開発環境に合わせて使い分け下さい。
帳票設計機能を使用する場合は、
  • CoReports8.5(または9.0) Standard Edition 
  • CoReports For .NET Ver2 (LLL/.net Ver4.00以降で対応)
が必要となります
WindowsVista上での開発環境の実行には、管理者権限が必要となります。
 
(参考)LLL/.net Ver1.xx、Ver2.xx、Ver4.xx各系列ごとの対応開発環境
  Ver1系 Ver2系 Ver4系
対応.NetFramework
(注1)
1.0
(注3)
   
1.1    
2.0    
3.0    
3.5    
4    
4.5    
(注4)
4.5.1    
(注5)
対応VisualStudio
(注2)
VisualStudio.NET2002
(注3)
   
VisualStudio.NET2003    
VisualStudio2005    
VisualStudio2008    
VisualStudio2010    
VisualStudio2012    
(注4)
VisualStudio2013    
(注5)
帳票設計オプション対応エンジン
(注1)(注2)
CoReports Ver8.5 Standard Edition
CoReports Ver9.0 Standard Edition  
CoReports For .NET Ver2    

注1
  • .NetFrameworkおよびCoReportsが、実行環境のOSをサポートしているかどうかは事前に各メーカのWebサイトなどでご確認ください。
注2
  • VisualStudioおよびCoReportsが、開発環境のOSをサポートしているかどうかは事前に各メーカのWebサイトなどでご確認ください。
注3
  • Ver1.10以前でのみ対応しています。Ver1.20以降は。NetFramework1.1、およびVisualStudio.NET2003のみの対応です。
注4
  • Ver4.10以降で対応しています。
注5
  • Ver4.30以降で対応しています。

著作権について パーシモンシステムトップへ